【CapCut】音楽・BGMを入れる3つの方法と著作権について【iTunes・外部からも可】

CapCutで動画編集をする際に、音楽(BGM)を入れる方法は3つあります。

  1. CapCutオリジナル音楽
  2. iTunes(購入音楽)→著作権注意
  3. iTunes(PCと同期)

この方法の中でもiTunseを活用した方法を使えば、動画編集の幅がグッと広がります。

結論(おすすめの方法):
★PCで好きな音楽をDL→iTunesに取り込む→iPhoneと同期→CapCutの「マイミュージック→デバイスから」から音楽を入れる

そこで今回は、CupCutで音楽(BGM)を入れる3つの方法と音量など調整方法を画像付きで解説していきます。

もし、「CapCutのオリジナル音楽少ないな・・」と感じている方は、今回ご紹介する方法で一気にお悩みが解決すると思うので、ぜひご活用ください。

\パソコン編集にチャレンジしたい方へ/

関連記事

スマホで動画編集をしていて、こんなことを思ったことはありませんか? スマホのアプリではできない編集が出てきたもっと自分好みの動画を作りたい趣味で始めたけど、動画編集を仕事にしたくなった などなど。スマホで動画編集を続けていると[…]

ad

CapCutに音楽・BGMを入れる3つの方法(好きな音楽も!)

動画でも詳しく解説!!!

前述した通り、CapCutに音楽(BGM)を入れる方法は3つあります。

  1. CapCutオリジナル音楽
  2. iTunes(購入音楽)
  3. iTunes(PCと同期)おすすめ!

この3つの方法に付いて、それぞれ順に解説していきます。

CapCutオリジナル音楽

CapCut内にあるオリジナル音楽を動画で使うには、以下の手順で行います。(著作権フリーではないのでYouTubeにはアップできません。

  1. 編集項目から「オーディオ」をクリック
  2. 「楽曲」をクリック
  3. カテゴリーを選択し、お好みの音楽をDLし「+」ボタンをクリック

以上でCapCut内にある音楽を使用することが出来ます。

iTunes(購入音楽)

スマホのみで好きな音楽を使いたい方は、iTunesで音楽を購入しCapCutで使用する方法がおすすめです。

  1. iTunesで楽曲を購入(著作権に注意)
  2. 編集項目から「オーディオ」をクリック
  3. 「楽曲」をクリック
  4. 「マイミュージック」をクリック
  5. 購入した楽曲を選択

この方法であれば、スマホ完結で好きな音楽を動画で使うことが出来ますが、YouTubeなどのSNSで投稿する場合は、楽曲の著作権に注意するようにしましょう!

iTunes(PCと同期)

PCを活用して好きな音楽(著作権フリーの音楽など)を使いたい場合は、こちらの方法で行います。

  1. 好きな音楽をDL
    Vlogで使えるBGMの探し方!オススメの著作権フリー楽曲サイト7選
  2. iTunseに取り込む
  3. スマホと同期させる
  4. 編集項目から「オーディオ」をクリック
  5. 「楽曲」をクリック
  6. 「マイミュージック」をクリック
  7. 好きな音楽を選択

この方法であれば、著作権フリーの音楽を活用することができるので、VlogなどSNSで発信することが前提の場合、こちらの方法がおすすめです!

関連記事:Vlogで使えるBGMの探し方!オススメの著作権フリー楽曲サイト7選

CapCutでオーディオを調整する方法

ここからは挿入した音楽の音量や長さを調整する方法をご紹介していきます!

CapCutで音楽の位置・長さを調整する

●音楽の位置を動かす方法

挿入した音楽の位置を調整するには、タイムラインにある音楽素材を長押しし左右に動かします。

●音楽の長さを調整する方法

音楽の長さを調整するには、通常のカット編集と同じで「分割」か「素材の両端をストレッチ」させましょう。

CapCutで音量を調整する

音楽の音量を調整するには、音楽素材をタッチし下にある「音量」をクリックします。

すると、左右に動かして音量を調整できます。

調整する際のポイントは2つ。

  1. BGMのみの場合は100%
  2. 動画の音を優先する場合は聴きながらバランスよく調整

CapCutの場合、音量の大きさをdB(デシベル)で見ることができないので、音量が小さくなりすぎたり、大きくなりすぎたいすることに注意が必要です。

ですので、音量を調整する際は、同時に流す動画の音量とのバランスを調整したり、一度書き出してみて自身のデバイスで再生して音量を確認してみましょう。

もちろん、人によってデバイスの音量が違うので、一番優先すべきは動画とBGMの音量バランスです。

CapCutでフェードイン・フェードアウトする

フェードイン・フェードアウトとは、徐々に音を大きく・小さくしていく編集手法です。

CapCutでフェードイン・アウトをする方法は以下の通り。

  1. 音楽素材をタッチし「フェード」をクリック
  2. 「フェードインの時間」「フェードアウトの時間」をそれぞれ調整

とても簡単にフェードイン・アウトができるので、ぜひ試してみてくださいね!

CapCutに好きな音楽を入れる際に注意すべき著作権

CapCutのオリジナル音楽は著作権の使用許諾が得られていないので、YouTubeなどに投稿することはできません。また、iTunseやファイルで自身の好きな音楽を入れる場合は、「著作権」の存在に注意しましょう。

著作権とは、著作物をつくった著作者の人格を守るための権利、かつ著作権者が著作物の利用を許可して使用料を受け取ることのできる権利です。

著作物には「音楽」も含まれるため、著作権のある音楽を動画で使う場合は、使用許可をとる必要があります。

しかし、毎回動画で音楽を使用する度に使用許可をとり、使用料を払える人は少ないでしょう。

そこで多くの人が、「著作権フリー」の音楽を活用して動画を作ります。

著作権フリーの音楽であれば、動画内で自由に音楽を活用でき、YouTubeなどでも発信することが可能です。(その中でもルールがありますが!)

そんな著作権フリーの音楽をダウンロードできるサイトをまとめているので、そちらもあわせてご覧ください。

▼関連記事:
YouTubeで使える無料&有料の著作権フリー音楽・BGMサイト8選

YouTubeで使える無料の著作権フリー効果音サイト4選

\【特集CapCutの使い方をご紹介/

特集ページ:https://vlog-magazine.jp/tag/capcut/

▼CupCutの使い方講座(おすすめ一覧)

【保存版】「CapCut」の基本的な使い方【動画編集アプリ】

【CapCut】キーフレームって知ってる?【アニメーションができる】

【CapCut】文字を縦書きで入れる方法

【CapCut】特定の場所にモザイクをつける方法【顔など】

\無料のメンバーシップに登録/

 

最新情報をチェックしよう!
ad
>Twitterで「発信力」を高める

Twitterで「発信力」を高める

Vlogger(ビデオブロガー)の「発信力を高めるノウハウ」をスキマ時間でも読めるグラフィックにし配信中.