【CapCut】キーフレームって知ってる?【アニメーションができる】

CapCutの「キーフレーム機能」をご存知ですか?

このキーフレーム機能を使うことによって、動画編集の幅をより広げることが可能です。

キーフレーム機能を使えば、こーんな簡単なアニメーションが作れちゃいます!

そこで今回は、意外と知らないCapCutのキーフレーム機能の使い方をご紹介していきます!

\【特集CapCutの使い方をご紹介/

特集ページ:https://vlog-magazine.jp/tag/capcut/

▼CupCutの使い方講座(おすすめ一覧)

【保存版】「CapCut」の基本的な使い方【動画編集アプリ】

【CapCut】音楽・BGMを入れる3つの方法と著作権について【iTunes・外部からも可】

【CapCut】パソコン(PC)で使用する方法【Mac・Windows】

ad

CapCutのキーフレームとは?

CapCutのキーフレーム機能とは、簡単に言えば「素材に動きをつける機能」です。

雪だるまが左から右へ徐々に動く

上動画のようにステッカーを徐々に動かしたり、大きさを変えたりすることができます。

CapCutのキーフレームの使い方

CapCutでキーフレーム機能を使うには、下記の手順で行いましょう。

  1. 初期ポジションに編集ラインを合わせる
  2. 初期ポジションの設定を行う(サイズや位置など)
  3. キーフレームマークをタッチ
  4. 最終ポジションに編集ラインを合わせる
  5. 最終ポジションの設定を行う(自動でキーフレームが打たれる)
  6. 細かい動きをつけたい場合は動きを変化させたい地点で設定を行う

ポイントは、動きを変化させたいポイントで情報を設定(キーフレームが自動で打たれる)することです。

最初と最後だけキーフレームを打てば最低限のアニメーションは成り立つので、機能に慣れるためにもまずは上記の手順でやってみましょう。

完成した動画
スポンサーリンク

CapCutのキーフレーム機能で出来ること!

CapCutのキーフレーム機能を使ってできることは、主に2つに分かれます。

  1. 位置やサイズを変化させる
  2. 動画やBGMの音量を変化させる

1.位置やサイズを変化させる

先ほどご紹介したように、素材(ステッカーやテキスト、画像など)のサイズや位置に動きを持たせることができます。

このやり方を身につければ、以下のような応用技が行えます。

  • マスクの位置やサイズをズラす
  • モザイクを顔に追従させる
  • 動画を徐々に拡大させる
  • 画像に動きを持たせる

などなど、アイデア次第では様々な表現を行うことができるので、ぜひ試してみてください!

2.動画やBGMの音量を変化させる

キーフレーム機能を活用すれば、動画やBGMなどの「音」にも変化をつけることが可能です。

A地点の音量を100として、B地点の音量を0にしてキーフレームを打てば、A地点からB地点へ徐々に音量が小さくさせていくことができます。

動画では音も大事な要素のひとつなので、キーフレームを使ってこだわってみるのも良いかもしれません!

\【特集CapCutの使い方をご紹介/

特集ページ:https://vlog-magazine.jp/tag/capcut/

無料でVlog相談!

最新情報をチェックしよう!
ad
>Vlog Magazine

Vlog Magazine

Vlogger応援メディア「Vlog Magazine」。『Vloggerが活躍できるセカイを創る』というビジョン・ミッションのもと、Vloggerを応援していくプロジェクトです!ブログ、YouTube、Twitter、Instagram、イベントなど、マルチに活動中!