【保存版】DaVinci Resolveを使ったVlogの編集方法

Blackmagic Designが提供する動画制作ソリューション「DaVinci Resolve 16」は、無料でほとんどの機能を使えることから、当ソフトを使って、Vlogの編集にチャレンジしようと考えている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では・・・

  • DaVinci Resolveの概要や特徴
  • DaVinci Resolveがオススメな人
  • DaVinci Resolveを活用したVlogの作り方

などなど、網羅的に解説していきます。

この記事を読むだけで、DaVinci Resolveを活用したVlog制作を一気に学ぶことができるので、よければ参考にしてみてください!

それでは、早速みていきましょう!

▽この記事の監修:shukei(Travel Vlogger)

1994年生まれ。広島県福山市出身。 大学卒業後、大手メーカーで海外営業に従事。会社員として働く傍、フリーの映像作家として法人・個人向けにプロモーション動画を制作。アジア、北中南米、アフリカ等約40ヵ国の旅経験を通じて身に付けた感性と語学力を活かし、「日本の美しさを世界中に届けたい」という想いのもと、Travel Vlog(旅動画)を海外向けに配信。
ad

DaVinci Resolve (ダヴィンチリゾルブ)の概要

「DaVinci Resolve 16」は、Blackmagic Designが提供する、色補正、モーショングラフィクス、動画編集などの機能を1つにまとめた多機能な動画編集ソフトです。

プロ仕様のソフトで、ハリウッド映画でも活用される一方、近年では一般向けに開発が進められ、DaVinci Resolveを使ってYouTube動画編集をする人も増えています。

価格無料 / 有料版($ 299)
提供元Blackmagic Design
対応OSMac / Windows / Linux

DaVinci Resolveの特徴

Vlogを始めるに当たって、DaVinci Resolveの活用を考えていると思いますので、ここではソフトの特徴について解説していきます。

  • 無料(有料版もあるが、9割以上機能を無料版で使える)
  • カラーグレーディングの機能が優れている

まず挙げられるポイントとしては、ソフトが無料で利用できるということです。

多くのプロ向けの編集ソフトが、買い切り又はサブスクリプションで販売している中で、無料で使えるのはDaVinci Resolveの大きな特徴です。

また、もともとカラーグレーディングソフトだったという背景もあり、他の編集ソフトと比べて、色補正の機能が非常に優れています。

ですので、動画の色味や世界観にこだわりたい人にはオススメのソフトです。

DaVinci Resolveのオススメな人画像

上記を踏まえて、DaVinci Resolveは、以下の人にオススメです!

  • 初期投資なしで、本格的に動画編集を行いたい方
  • 映画のような世界観の動画を作りたい方

前述した通り、DaVinci Resolveは無料で利用できるだけでなく、プロ仕様の機能を兼ね備えているので、初期投資なしで、本格的に動画編集をしたい方にとてもオススメです。

また、色補正機能が優れていることから、映画のような(シネマティックな)世界観を表現したい人にもオススメの編集ソフトとなっています。

DaVinci ResolveでVlogを作るための6つのステップ

ここからは、実際にDaVinci Resolveを活用してVlogを作る手順を、初心者にもわかりやすく段階を追って解説していきます。(今回は、Vlogの中でもBロールと呼ばれる部分の編集を例に解説していきます)

  1. 撮影したデータを整理する
  2. 動画の設定
  3. DaVinci Resolveで素材インポート
  4. DaVinci Resolveで動画素材をカット
  5. DaVinci ResolveでBGM入れ・音調整をする
  6. DaVinci Resolveでテロップを入れる
  7. DaVinci Resolveでカラーグレーディング
  8. DaVinci Resolveで動画を書き出す

まだ、DaVinci Resolveをダウンロードしていない方は、公式サイトからダウンロードしてくださいね!

ステップ①撮影したデータを整理する

まず、Vlogを編集していく前に大事になってくるのが、撮影した動画素材を整理することです。

このデータ整理をすることにより、データ紛失のリスクを減らしたり、動画を編集しやすくなったりしますので、しっかりとしていきましょう。

とはいえ、動画初心者の方の場合、動画データの整理方法を知らない方も多いと思うので、ここではデータ整理の基礎をご紹介していきます!

まず、撮影した動画データの整理をするに当たって、以下の4つのフォルダをPC内に作成しましょう。(上図も参照)

  1. video:動画素材を入れるフォルダ
  2. element:画像・音楽素材を入れるフォルダ
  3. project:プロジェクトファイルを入れるフォルダ
  4. export:編集して書き出した動画データを入れるフォルダ

この4つのフォルダを作り終わったら、「01_video」のフォルダに、撮影したデータを入れましょう。

次に、その他に写真やBGM、効果音などの素材があれば、「02_element」のフォルダに入れます。

素材の整理ができたら、DaVinci Resolveを立ち上げていきましょう!

ステップ②動画の設定

DaVinci Resolveを立ち上げると、上図のようなウィンドウが出てきますので、「名称未設定のプロジェクト」を選択してください。

すると、上図の画面が出ると思います。

続いて動画編集を始める前に、「動画の設定」を以下の手順で行っていきます。

  1. プロジェクトを保存
  2. 画面右下の「歯車マーク」をクリック
  3. 動画の設定を行う

順番にみていきましょう。

まずは、「ファイル→プロジェクトを保存」をクリックし、これから編集する動画のプロジェクトを保存します。

続いて、画面右下の歯車マークをクリックし、上図のウィンドウを表示させてください。

その中の「マスター設定」を選択し、「解像度」と「フレームレート」を設定していきましょう。

YouTubeで発信する場合、基本的には以下の通り設定すれば問題ありません。

  • 解像度:1920×1080
  • フレームレート:30fps / 24fps(シネマティックな表現をしたい方)

その他にも設定する場所はたくさんありますが、最初は最低限上記を抑えておけば問題ありません。

ステップ③DaVinci Resolveで素材インポート

動画の準備ができたら、撮影した動画素材をインポートしていきます。

画面左上の「メディアプール」を選択して頂き、プロジェクトフォルダごと「マスター」という場所にドラック&ドロップしてください。

すると、素材整理をした際のフォルダごとインポートされるので、編集時に便利です。

ステップ④DaVinci Resolveで動画素材をカット

続いて、インポートした動画素材をカット編集していきます。

動画素材をカットする方法は、主に2つです。

  1. ソースビュアーでカット:大まかなカットができる
  2. シーケンスでカット:細かいカットができる

まずは、ソースビュアーでのカット方法について解説していきます。

メディアプールに並んでいる動画素材で使いたいものをクリックすると、画面(ソースビューアー)に動画素材が映し出されますので、動画素材の中で使いたい部分の「イン・アウト(始まりと終わり)」を選択していきます。

イン点は「ショットカットキー(I)」、アウト点は「ショットカットキー(O)」で選択可能です。

カットができたら、それをシーケンスに並べましょう。

続いて、シーケンスで動画をカットする方法をご紹介していきます。

まずは、シーケンスに使いたい動画をドラック&ドロップします。

シーケンスに並べることができたら、カットしたい部分で「Ctrl(command)+B」で素材をカットすることが可能です。カットして、いらない部分を「delete」で削除しましょう。

他にもカット時のテクニックを動画版では細かく解説しているので、そちらも合わせてご覧下さい。

ステップ⑤DaVinci ResolveでBGM入れ・音調整をする

BGMの入れ方は簡単で、動画素材と同じで、すでにインポートしたBGM素材をシーケンスにドラック&ドロップしてください。

もし、BGMの入手方法がわからないという方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね!

関連記事

Vlogの大事な要素のひとつである「BGM(バックグラウンドミュージック)」。 音楽ひとつで動画の見え方や世界観がガラッと変わりますし、ただおしゃれな音楽を流せば良いという訳でもありません。 そこで今回の記事では、Vlogで使[…]

続いて、音量の調整についてですが、画面下にある「Fairlight」を選択してください。

すると、上図のような画面になるので、BGMを再生しながら右下にある音量調整バーで音量を調整しましょう。

バーの色が赤くなっている部分は音割れをしているので、音量を下げるようにしてください。

また、動画との音合わせ、Bロールの作り方のコツなどは、動画版で細かく解説しているので、そちらも合わせてご覧ください。

動画

ステップ⑥DaVinci Resolveでテロップを入れる

続いて、テロップを入れる方法を解説していきます。

まずは、「エフェクトライブラリ→タイトル→テキスト」を選択して、テキストをシーケンスのテキストを入れたい場所にドラック&ドロップしてください。

そして、テキストをクリックすると、文字の内容やフォント、大きさなどを変更することが可能です。

ステップ⑦DaVinci Resolveでカラーグレーディング

続いて、動画の色味を調整していきます。

カラーグレーディングの基礎ステップとして、以下の2つのステップがあることを頭に入れておきましょう。

  1. カラーコレクション:映像の露出やホワイトバランスなどを修正し、適切な状態に戻す作業
  2. カラーグレーディング:オリジナルの世界観を出し、作品として品質を高める作業

上記を元に、DaVinci Resolveでカラーグレーディングしていく方法を解説していきます。

まずは、画面下にある「カラー」を選択し、「Alt(option)+S」でノードを追加していきます。

ここでは、4つのノードを追加し、それぞれに「露出」「WB(ホワイトバランス)」「彩度」「LUT」という名前をつけましょう。

それぞれのノードを調整していきます。

①露出

「露出」のノードを選択肢、露出を変えるには「カラーホイール」という部分を調整します。

ここでカラーホイールを調整する前に、「ワークスペース→ビデオスコープ」をONにしてください。これで、露出の変化を数値で把握することが可能です。

ビデオスコープが出たら、各種値を調整していきましょう!

基本的にカラーホイールで調整する部分は、以下の4点です。

  1. リフト:暗い部分の調整
  2. ガンマ:中間部分の調整
  3. ゲイン:明るい部分の調整
  4. オフセット:全体の明るさ

それぞれを右側のパレードと動画を見ながら、お好みで調整していきます。

パレードの数値が0を下回ると黒つぶれ、上のラインを超えてしまうと白飛びしてしまうので、注意しましょう。

②ホワイトバランス

ホワイトバランスとは、簡単にいえば白を白く映すための機能です。

上図の1・2を切り替える部分で2を選択し、「色温度」や「ティント」の数値を調整し、白に近い色へ補正していきましょう。こちらもビデオスコープの「パレード」を参照し、3色のバランスを調整して行きます。

③彩度

彩度は、1に切り替えて、「彩度」の数値を調整していきます。

CIE Chromaticityという部分の三角形をみて、その範囲を超えない程度に調整するようにしてください。

④LUT

カラーコレクションが終わったので、最後にLUTを適用し、オリジナルの色味を作っていきます。

左上の「LUT」を選択し、お好みのLUTを選択しましょう。

※DaVinci Resolveには既にデフォルトでLUTが入っていますが、オリジナルLUTを追加でインポートすることも可能です。

好きな色味になったら、あとはそれを他の動画素材にも適応させていきます。

画面を右クリックして出てきたウィンドウの「スチル保存」をクリックします。

すると、ギャラリーというところに保存したプリセットが出てくるので、別素材のノードにドラック&ドロップで読み込むと、同じ色味に調整されます。

全ての素材に適応させたい場合は、素材を全て選択し、プリセットにカーソルを合わせ右クリックで「グレードを適応」で、全ての素材がそのプリセットで適応されます。

最後に、それぞれの素材のカラーコレクションを調整し、終了です。

ステップ⑧DaVinci Resolveで動画を書き出す

最後に、出来上がった動画を書き出していきます。

画面下の「デリバー」をクリックし、「レンダー設定」の各項目を設定していきます。

  • 名称:お好きなもの
  • 保存先:04_export
  • レンダー:単一のクリップ
  • ビデオ:QuickTime・H264(or H265)、解像度1920×1080、フレームレート24(30)
  • オーディオ:出力トラックを「メイン1(ステレオ)」※動画では全トラックになっていますが、YouTubeにアップする場合は、メイン1で大丈夫です

上記の項目の設定が終わったら、「レンダーキューに追加→レンダー開始」で書き出します。

Vlogを投稿してみよう!

書き出しが終了したら、早速動画をWeb上にアップロードしてみましょう!

アップロードする媒体でオススメなのは、YouTubeです。

以下の記事で、YouTubeチャンネルをつくってからアップロードするまでの手順を解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

参考:【簡単】YouTubeチャンネル開設から動画投稿までの方法を徹底解説

まずは、投稿するのが第一歩なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

お疲れさまでした〜〜〜!

YouTubeでも発信中! 

最新情報をチェックしよう!
ad
>Vlog Magazine

Vlog Magazine

Vlog Magaizneは、オンライン・オフラインで活動するVlogの総合マルチメディアです。Vlogに関する情報やイベントの開催しています。各種SNSをフォローし、Vlog最新情報、イベント情報を入手しよう!