おすすめのスマホ動画編集アプリを4つ厳選したよ

スマホ動画編集アプリ、多すぎませんか?

スマホで動画編集を始めようと思っている。でも、スマホの動画編集アプリって数が多すぎて、どれを使えばいいのかわからない。

YouTubeやTik Tokなどの普及で、一般の方が動画編集を行うことが増えました。そんな中、上記のような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、動画制作歴3年で、Vlog専門の情報メディア「Vlog Magazine」を運営する僕が、数あるスマホ動画編集アプリを徹底比較し、その中から「本当に良いアプリ」を4つ厳選しました。

ぜひ、この記事を参考にして、動画編集を始めてみてください!

関連記事:【保存版】Vlogの始め方を初心者にも分かりやすく解説【図解あり】

TwitterでVlog情報配信中 @vlog_magazineをフォロー

気になるスマホ動画編集アプリを並べて比較しました

スマホ編集アプリを1つずつちゃんと紹介しようと思ったんですが、誰もそんなこと望んでないなと思ったので、気になるスマホ動画編集アプリを11個横並びに表でまとめてみました。

▶︎横にスクロールできます!

編集アプリ名 操作の向き 操作性 透かし インポート カット編集 文字テロップ エフェクト ステッカー BGM 効果音 フィルター プレミアム価格
VLLO ★★★★★ なし ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★ 880円/年、2,820円/永久
Premiere Rush ★★★ なし ★★★ ★★★ ★★ ★★★ ★★ ★★★ ★★★
InShot ★★★ あり ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★ 1,450円/年、4,280円/永久
CapCut ★★★★ なし ★★★★★ ★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★
VITA ★★★★ なし ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★
KineMaster ★★★ あり ★★ ★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★  
PowerDirector あり ★★ ★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★ 3,800円/年
VivaVideo ★★ あり ★★★ ★★ ★★★ ★★★★ ★★★ ★★★ ★★★★ ★★ 2,700円/年、7,500円/永久
iMovie ★★ なし ★★ ★★ ★★ ★★ ★★★ ★★ ★★
FimoraGo ★★★ あり ★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★ ★★★ ★★ ★★ ★★★ 3,600円/年、7,500円/永久
VN ★★★ あり ★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★ ★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★

カット編集のしやすさ、操作性など、全10種類の評価項目を5段階でランクづけ。加えて、プレミアムプランの有無や値段なども入れています。

この表を見れば、なんとなくソフトの特徴が見えてくると思うので、自分が重要視したい項目が優れているアプリを使ってみてください。

おすすめスマホ動画編集アプリ4選

もしも、上表を見てもよく分からないという方は、全ての編集アプリを使ってみて、個人的によかったアプリを4つ厳選したので、その中から選んでみてください!

  1. VLLO
  2. VITA
  3. CapCut
  4. KineMaster

順番に見ていきましょう。

VLLO

全ての評価項目で星4以上の評価をつけたスマホ編集アプリの決定版。正直VLLOを選んでおけば、まず間違いはないです。動画編集に必要な機能は全て入っていて、他のアプリと比べて操作性も圧倒的。

それなのにも関わらず、基本的な機能がほとんど無料で使えます。有料のプレミアムプランも買い切りで2,820円という低価格。追加で費用がかかることもありません。

こんな動画が作れます!

使っている人も多いので、VLLOの使い方に関する情報もネットにたくさん載っているので分からないことがあっても検索できるので動画初心者の方におすすめです。(Vlog Magazineでも「VLLOの使い方講座」で無料記事を公開しています。)

VITA

写真撮影アプリ「Snow」を提供するSNOW INC.が提供するスマホ動画編集アプリ。とても編集しやすい設計となっていて、初心者の方でもすんなり編集を行うことができると思います。

加えて、「スタイル」というテンプレを使えば、おしゃれな動画をワンタッチで簡単に作ることが可能です。SNS用にちゃちゃっとそれっぽい動画が作れちゃいます。

また、全機能が無料で使えて、かつウォーターマークもつかないので、アプリにお金をかけずに編集をしたい方にもおすすめです。

CapCut

短尺動画SNS「Tik Tok」のBytedanceが提供する動画編集アプリ。日本でも利用するユーザーが増え続けていて、ネット上にもたくさん情報があがってます。

操作性もよく、機能もスマホ動画編集アプリの中ではトップクラスです。しかも、VITAと同じく全ての機能が無料で使えて、ウォーターマークもつきません。操作画面もVITAとほとんど同じなので、正直どっち使ってもそこまで変わらないと思います。

KineMaster

KineMasterは、横持ち操作で本格的な動画編集をすることができる動画編集アプリです。

正直、機能性・操作性は他のアプリと比べると微妙です。しかし、横持ちでの動画編集はより編集に没入できる感じがあって、「編集体験」として面白かったので入れてみました。

実際、どのような使い方ができるかは、動画でも解説しているので、そちらも合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

スマホでVlogをはじめてみよう

今回ピックアップした動画編集アプリを使えば、誰でも簡単にスマホだけで動画編集を行うことができると思います。

ぜひ、今回ご紹介したスマホ動画編集アプリでVlogの編集を行ってみてください!

関連記事:【完全版】スマホでVlog制作!撮影・編集・発信までを徹底解説


TwitterでVlog情報配信中
@vlog_magazineをフォロー
最新情報をチェックしよう!
ad