【Z世代で流行する!?】「高校生のVLOG発信」に関する可能性と事例

2019年5月に、学生を対象に「Z世代の特徴的な価値観や行動」に関するアンケート調査が行われました。(参考:マーケマガジン

この調査によると、71%の学生が「感動的な瞬間を撮って共有したい」と答えたそうです。

VLOG-MAN
特に最近ではTik Tokの登場で、顔出しに抵抗がなく発信する中高校生が急増しているね!

そこで、今回の記事のテーマが「高校生のVLOG発信」についてです。(VLOGについて知らない方は、コチラ≫

SNSで動画や写真を当たり前のように投稿・共有している日本の高校生にとって、VLOG発信の可能性はあるのでしょうか?

Vlog Magazine運営者である筆者の考え海外の高校生Vloggerの事例を元に、深掘りしていこうと思います。

本記事の内容

  • 「高校生のVLOG発信」に関する可能性と危険性
VLOG-MAN
この記事は、こんな人にオススメ!
  • Vlog市場の動向を知りたい人
  • Vlog発信を考えている高校生
  • 海外のVlogについて気になる人

それでは、早速みていきましょう!

日本の高校生がVlogを発信するなら「身内」だけに発信する環境が必要

さっそく本題に入りますが、日本の高校生のVlog発信はまだまだ一般的ではありませんが、「今後、発信に至る可能性は大いにある」というのが筆者の結論です。

しかし、それには「環境」が必要だと感じていて、それを理由づけるのが冒頭で参考にしたアンケートの続きにあります。

調査によると、「感動の瞬間を撮って共有したい」という人のうち、「知っている人にだけプライベートを知ってもらいたい」という人が80%を占めたそうです。(参考:マーケマガジン

要するに、不特定多数に見られるYouTubeではなく、インスタのように身内だけでも楽しめる「環境」が必要なのですね。

VLOG-BOY
じゃあ、インスタにVlogを投稿すればいいじゃん?

そう思われる人もいるかもしれませんが、インスタは写真に特化したSNSで動画投稿には縛りがあります。

それに加え、インスタにはインスタの文化がすでに構築されているため、新たに「Vlogを投稿する」という行動がしにくい環境であることは間違いありません。

メリット デメリット
YouTube 動画投稿に適している 不特定多数向け
Instagram 身内だけにシェアできる 動画投稿のフォーマットに縛り、既に文化がある
新たな環境(サービス)
VLOG-MAN
だからこそ、YouTube・Instagramに代わる新たなサービスが出来上がれば、高校生のVlog発信が急増する可能性は大いにあるね!
今後は5Gの影響もあり、もっと「動画」が身近になります。
そんなとき、動画で日常をシェアするVlogを主軸としたプラットフォームができてもおかしくありませんね。

海外では、高校生がVLOGを発信する事例が多く存在する

日本の高校生がYouTubeにVlogをアップするという事例は少ないのが現状ですが、海外の高校生がVlogを発信する事例はたくさんあります。

  • 日本の高校生のVlog発信:少ない
  • 海外の高校生のVlog発信:多い
VLOG-MAN
欧米では、高校生が「High School Vlog」と題して、YouTube上にVlogを投稿しているね!
特に海外の中でも、欧米の高校生でVlogを発信していることが多いです。
筆者は今までに500人以上のVloggerを見てきましたが、明らかに国ごとに発信の特色が異なっている傾向にあるため、その国の文化がVlog発信に大きく関わっているのではないか、という仮説を持っています。
特に欧米のVlogでは、顔出しアリで自己表現している人が多い傾向にあるため、高校生からVlogを発信する人が多いのも頷けます。

高校生Vloggerの事例をご紹介

最後に、Vlogを発信している高校生を3人ご紹介します。

  1. Emma MacDonald
  2. Leslie Chavez
  3. DOJIN도진이

※現在高校生じゃない人も含みます。

①Emma MacDonald

  • 学校生活・休日の過ごし方
  • VLOGMAS(クリスマスヴログ)
  • Beauty Vloggerとして活動

②Leslie Chavez

  • イケイケ・クレイジー高校生のVLOG
  • 学校生活・休日の過ごし方
  • 高校生VLOGでバズったチャンネル

③DOJIN도진이

  • アイドルを目指す高校生の日常
  • ルーティン動画
  • 韓国だけでなく、日本や海外でも人気
VLOG-MAN
海外以外で日本のVlogger(ビデオブロガー)にどんな人がいるか気になる人は、「日本人ビデオブロガー図鑑」をチェック!
関連記事

 function init() { var vidDefer = document.getElementsByTagName('iframe'); for (var i=0; i[…]

まとめ:日本の高校生がVlogを発信するのは時間の問題

ここまで、アンケート調査や海外の事例を元に「高校生のVLOG」について深掘りしてきました。

日本国内では、まだまだVlogを発信する高校生は少ないですが、今後は5Gや動画編集の簡易化により、動画でライフスタイルをシェアすることがもっと身近なものになるはずです。

そうなった時、デジタルネイティブの若者(中高生)から流行が始まる可能性が高いと筆者は感じています。

高校生が当たり前のようにVlogを発信する世の中が、すぐそこまで来ているかもしれません。

VLOG-MAN
Vlogを始めてみたい人は、以下の記事チェック!
関連記事

VLOG-BOY Vlogを始めたいんだけど、どうやって始めたらいいのか分からない・・・。機材もどんなものを選べばいいんだろう? 「Vlog(動画ブログ)を始めたい!でも、どうやって始めればいいか分からない・・・」な[…]

最新情報をチェックしよう!
広告