【水島ヒロがVLOGに挑戦】自然の音を大切にした、心地よいVLOG

俳優・起業家として活動する水嶋ヒロさんが、自身のYouTubeチャンネルHiro Mizushima」でVLOGの発信を開始しました。

第1回目のVLOGは、「My First Vlog – 明け方の六本木さんぽ」と題し、六本木の街を散歩している様子を撮影したものとなっています。

そこで今回の記事では、水嶋ヒロさんのVLOGが一体どんなものなのか?なぜ、VLOGを発信するのか?考察していこうと思います。

本記事の内容

  • 水嶋ヒロのVLOGについて考察

それでは、早速みていきましょう!

ad

水嶋ヒロがOsmo PocketでVLOGを撮影&カメラマンも同行

水嶋ヒロさんが初めて投稿したVLOGは、水嶋ヒロさんご本人による撮影とカメラマン(+α)が同行し撮影を行なっている。

  • 水嶋ヒロ撮影:一人称、自撮りタイプ
  • カメラマン:三人称タイプ

上記の通り、一人称、自撮り、三人称タイプを組み合わせたVLOGとなっています。(基本は一人称)

VLOGの撮影タイプについては、以下の記事で解説しているので、気になる方は読んでみてください。

関連記事

Vlogとは、簡単に言えば動画版のブログです。(Vlog=Video+Blog) ※Blogとは「Web+Log(記録)」の造語で自身の考えや経験、日々の出来事などをWeb上にアップロードしたコンテンツのこと。 しかし、Vlo[…]

コンセプト(撮りたいもの)を決めてから撮影している

VLOGでは、無計画でありのままを撮るパターンとコンセプト(テーマ)を決めてから撮るパターンの2つが存在します。

水嶋ヒロさんのVLOGの場合は後者で、撮りたいもの(ゴール)を決めてから、撮影していることが動画内から読み取れました。

第1回目のテーマは、六本木から東京タワーを目指し、最後に日の出をみるです。

これが水嶋ヒロさんの日常なのかは定かではありませんが、企画されたVLOGであることは間違いありません。

ad
スポンサーリンク

耳に優しい、心地よいVLOGを意識している?

ASMRという言葉があるように、水嶋ヒロさんのVLOGでは「日常の音」を大事にし、聞いていて心地よいVLOGとなっています。

実際、朝5時六本木の街を飛び交う環境音は、その場の臨場感をしっかりと伝えてくれます。

また、途中で差し込むBGMも耳に優しいものを選曲しており、こだわり感じますね!

英語字幕で海外向けにも発信!?

今回のVLOGには英語字幕がつけられており、海外向けにも発信していることが伺えます。

深読みしすぎかもしれませんが、英語字幕をつけている理由には以下の理由が考えられます。

  • そもそもVlogは海外の人にも見られやすいため字幕完備
  • Vlogの市場は、海外の方が遥かに大きいため字幕完備
  • 自身のブランドを海外にも展開していきたいため字幕完備

本当のところはわかりませんが、Vlogに英語字幕をつけることは、市場の壁をなくすことにも繋がるので、とてもいいことですね。

Vlogに対する想いをブログで語っている

今回、VLOGをアップした水嶋ヒロさんですが、VLOGに対する想いをブログで語っています。

水嶋ヒロ オフィシャルブログ Powered by Ameba

Hiro-Meshiの本シリーズ化が決まったことを伝える→ブログにも書いてたんだけど‥トライ&エラーを繰り返しながら新し…

この中で注目すべきは、以下の文章です。

俺は日本のくくりでいうとYouTuberになりたいというより‥ Vlogをつくっていきたい

これは、小嶋陽菜さんも同じことを言っており、日本でいうYouTuberではなく、Vloggerとして自身のライフスタイルを発信していきたいことが伺えます。

▽小嶋陽菜さんがVLOGをする理由について考察した記事はこちら

今後、水嶋ヒロさんや小嶋陽菜さんのような、YouTuberというくくりではなくライフスタイルをおしゃれに発信するVloggerが増えていくことが予想できますね!

 
VLOG-MAN
YouTuberとVloggerの違いについては、以下の記事で解説しているから、要チェック!
関連記事

「動画ブログ=Vlog」を発信する人のことを「Vlogger(ブイロガーヴィロガー)」と呼びますが、YouTuberとの違いは何なのでしょうか? 結論からいうと、YouTubeというプラットフォームを軸に活動するのがYouTuber[…]

\無料のメンバーシップに登録/

 

最新情報をチェックしよう!
ad
>Twitterで「発信力」を高める

Twitterで「発信力」を高める

Vlogger(ビデオブロガー)の「発信力を高めるノウハウ」をスキマ時間でも読めるグラフィックにし配信中.