【VLLO】部分設定の使い方を徹底解説【事例あり】

VLLOで「部分設定」という文字を見たことはありますか?

これがどんな機能なのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、VLLOの「部分設定」の使い方についてご紹介していきます。

\【特集】VLLOの使い方をご紹介/

特集ページ:https://vlog-magazine.jp/tag/vllo/

▼VLLOの使い方講座(おすすめ一覧)

【保存版】動画編集アプリ「VLLO」の基本的な使い方を徹底解説

音楽・BGMを入れる3つの方法と著作権について【iTunes・外部からも可】

有料機能「VLLOプレミアム」の使い方と出来ること

パソコン(PC)で使用する方法【Mac・Windows】

ad

VLLOの部分設定とは?

VLLOの部分設定とは、映像制作用語でキーフレームと呼ばれるもので、簡単にいうと「素材に動きを持たせるもの」です。

素材の大きさや位置などの数値情報を記録し(キーを打ち)、そのポイントとポイントをグラデーション的に繋ぎます。

VLLOの部分設定で出来ること

VLLOの部分設定では、以下のようなことができます。

  • オーディオの音量を時間経過に応じて変化させる
  • 素材のサイズ・位置・透明度などを時間経過に応じて変化させる
  • モザイクの位置ずらし

部分設定を活用することにより、動画編集の幅がグッと広がります。

スポンサーリンク

VLLOの部分設定の使い方

それでは、実際にVLLOで部分設定(キーフレームを打つ)方法を解説していきます。

今回は部分設定を使って、ステッカーに動きを持たせていきましょう!

  1. ステッカーを入れる
  2. ステッカーが登場する最初の位置・サイズ・透明度を決める
  3. 部分設定をONにする
  4. アニメーションの変化点・終了点の数値を決める

順番に解説していきます。

今回はこんなアニメーションを作っていきます!

1. ステッカーを入れる

まずは、お好きなステッカーを挿入してください。

今回は、お魚ちゃんを入れました。

2.ステッカーが登場する最初の位置・サイズ・透明度を決める

ステッカーが動き出す最初の位置や大きさ、透明度を決めていきます。

今回は右下から左上にお魚ちゃんが動いていくアニメーションを作っていこうと思うので、一番最初の設定は以下のようにしました。

●アニメーションを開始する点

  • サイズ:小さめ
  • 位置:右下
  • 透明度:0

3.部分設定をONにする

設定が決まったら、画面左にある「部分設定」のボタンを押してください。

すると、タイムライン上にダイヤのマーク(キーフレーム)が現れたかと思います。

ダイヤのマークが現れたら、その場所にサイズなどの情報が記録されたことを意味します。

4.アニメーションの変化点・終了点の数値を決める

アニメーションを変化させたい点と終了させた点にも、数値を入力します。すると、自動的にキーフレーム(ダイヤのマーク)が打たれます。

今回は、序盤でお魚ちゃんを出現させ、そのまま左上までいくアニメーションを作りたいので、開始点とは別に下記の2点を追加しました。

●出現させる点

  • サイズ:小さめ
  • 位置:右下よりちょっと左上
  • 透明度:100

●アニメーションを終了させる点

  • サイズ:大きめ
  • 位置:左上
  • 透明度:100

これで、下記のようなアニメーションを作ることができました。

ぜひ、皆さんも部分設定を活用し、様々なアニメーションを作ってみましょう!

部分設定を活用した応用編集を知りたい方は、こちらの動画もおすすめです!

\【特集】VLLOの使い方をご紹介/

特集ページ:https://vlog-magazine.jp/tag/vllo/

無料でVlog相談!

最新情報をチェックしよう!
ad
>Vlog Magazine

Vlog Magazine

Vlogger応援メディア「Vlog Magazine」。『Vloggerが活躍できるセカイを創る』というビジョン・ミッションのもと、Vloggerを応援していくプロジェクトです!ブログ、YouTube、Twitter、Instagram、イベントなど、マルチに活動中!