【比較】VlogとBlog(ブログ)の違いをどこよりも詳しく解説

動画ブログの「Vlog」と通常の「Blog」にはどのような違いがあるのでしょうか?

「動画かテキストか」という表面上の違い以外にも、コンテンツの特性による違いがたくさんあります。

VlogBlog
発信方法映像、音、写真、イラスト、テキストテキスト、写真、イラスト
発信内容体験経験
プラットフォームYouTube(メイン)Google、はてなブログ、アメーバブログ
マーケット全世界に発信しやすい国内向けが多い
使用機材カメラ、PC、スマホ、ジンバルPC、スマホ
情報量
収益化ファンベース広告ベース
相性の良い情報コトモノ

このVlogとBlogの違いを知ることは、Vlogを発信していく上で大切な土台になりますので、絶対に抑えておくべきです。

そこで今回は・・・

  • Blog歴3年
  • Vlog歴2年
  • Vlog特化メディアを運営

こんな経歴を持つ筆者が、VlogとBlogの「本質的な違い」を解説していきます。

第1章「Vlogの基礎知識」
Chapter1-1:Vlogとは何か?定義から読み方まで解説
▶︎Chapter1-2:【比較】VlogとBlog(ブログ)の違い
Chapter1-3:【徹底比較】VloggerとYouTuberの違い
Chapter1-4:Vlogのジャンルを知ろう!14種類まとめ
Chapter1-5:Vlogを発信する4つのメリット(価値)
Chapter1-6:Vlogを始める上でのリスク(危険性)と対策
Chapter1-7:Vlogの収入(マネタイズ)について

TwitterでVlog情報配信中 @vlog_magazineをフォロー

VlogとBlogの違い1.発信方法

VlogとBlogの最大の違いは、コンテンツを構成する要素です。

  • Vlogを構成する要素:映像、音、写真、イラスト、テキスト
  • Blogを構成する要素:テキスト、写真、イラスト

わかりやすく言うのであれば、「動画なのか、テキストなのか」の違いです。

それぞれが、異なる性質を持ちます。

その異なる性質が、このあとにご紹介する様々な「違い」に関わってくるので、この大前提は覚えておきましょう。

VlogとBlogの違い2.発信内容

VlogとBlogでは、発信内容が根本的に違います。

  • Vlog:体験(行為)
  • Blog:経験(出来事)

Vlogは行為を撮影・出来事を編集して発信します。

Blogは経験を文章で書いて発信します。

Vlog発信の3STEP

Vlogは、「行為」を見せることができるという優位性を持っています。これを意識するとコンテンツ作りが変わるでしょう。

スポンサーリンク

VlogとBlogの違い3.プラットフォーム

VlogとBlogでは利用するプラットフォームが変わります。

  • Vlogのプラットフォーム:YouTube(メイン)
  • Blogのプラットフォーム:Google、はてなブログ、アメーバブログ

プラットフォームの違いにより、ユーザー(読者・視聴者)のコンテンツを見る目的や動線が変わります。

  • Vlog(YouTube)を見る目的:会いにいく
  • Blog(Google)を見る目的:情報収集

Blogは経験や知識を情報としてまとめて発信するので、基本はGoogleで「情報を求めて」やってきます。

逆に、Vlogの場合は好きなYouTubeチャンネルをフォローして「会いに行く」という特殊な流れがあります。

このようにチャネルが異なるということを理解しておきましょう。

VlogとBlogの違い4.マーケット(市場)

VlogとBlogでは、マーケットの範囲が変わります。

  • Vlogのマーケット:全世界
  • Blogのマーケット:国内

Vlogはビジュアル情報が多いので言語の壁が低いです。日本語で発信してもビジュアル的に魅力的なコンテンツは海外でも見られます。

Blogは文章が主素材となるので、基本的に言語の壁が高いです。とはいえ、最近は自動翻訳機能が発達してきているので、その壁も徐々に低くなっています。

スポンサーリンク

VlogとBlogの違い5.使用機材

動画を扱うVlogと、テキストを扱うBlogでは扱う機材も変わってきます。

  • Vlogで使用する機材:カメラ、PC、スマホ、ジンバル、ドローン
  • Blogで使用する機材:PC、スマホ、カメラ

Vlogでは、動画の撮影が必要なためカメラ必需品です。その他にも、動画の編集ソフトなどが必要になってきます。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

関連記事:【初心者】Vlogを始める為に必要な撮影機材&編集ソフトまとめ

逆にBlogでは、高品質な写真などを必要としない限りカメラは必要ありませんので、基本的にはPCさえあればコンテンツを作ることが可能です。(スマホでも可能)

VlogとBlogの違い6.情報量

Vlogは映像+音、Blogはテキストをメインで構成されているため、ビジュアル的な情報量の多さはVlog(動画)の方が圧倒的に多いです。

あくまでビジュアル的な情報量なので、情報の質(濃度)は別の話です。

ですので、目に見える情報量が多いVlogの方がすごい!ということではなく「コンテンツの性質が違うだけ」ということを覚えておいてください。

VlogとBlogの違い7.収益化

VlogとBlogでは、収益化のモデルが異なります。

  • Vlog:ファンベース
  • Blog:広告ベース

Blogの場合は、記事を書いてそこに広告(アドセンス広告やアフィリエイト、記事広告、純広告など)を掲載し、収益を得ます。

対してVlogの場合は、広告ももちろん収益源ではありますが、それよりも重要なのがファンの存在です。

特にコアファン(※)をとの直接的な繋がりをベースにした収益化モデルを構築できれば、広告に頼ることなくファンと共に成長していくことができます。

(※コアファン=発信者が大切にしている価値観を支持していて、活動を無条件で支援してくれる人)

もちろんBlogでもコアなファンはできますが、ビジュアル的な情報でコミュニケーションを取れるVlogの方が、コアなファンはつきやすいです。

実際、BloggerよりもYouTuberの方がブランドの立ち上げやコミュニティ、物販などに横展開している事例は多いです。

VlogとBlogの違い8.相性の良い情報

VlogとBlogの性質の違いは、発信する情報との相性にも関わってきます。

Vlog(動画)の場合、ビジュアル的な情報量が多く、雰囲気や感情など言語化しにくい部分をリアルに映し出すことができます。そのため、「コト(体験など)」の情報を表すのに適しています。

逆にBlogの場合、文面で情報を見やすく整理できるため、「モノ」の情報を表すのに適しています。例えば、野菜の栄養素に関する情報は、野菜を動画で撮ってもわかりませんが、文字にすれば伝わる、といった具合です。

このようにVlogとBlogで、相性の良い情報が変わりますので、使い分けて発信してみましょう。

人気コンテンツになるための条件の違い

ここまで挙げた8つの違いのほかに、もう一つだけ大きな違いがあります。

Blogにおける人気な記事要素として「E-A-T」という概念があります。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの概念の略。

Vlogの場合、この3つに「魅力(attractiveness)」という要素が加わります。発信者の性格や外見、暮らしがどれだけ魅力的なのかがユーザーにとって重要です。

Hill氏の論文によれば、「情報源の”魅力”が消費者の購買活動にプラスの影響を及ぼす」としており、魅力の重要性が伺えます。

Blogの場合は発信者の性格や外見が見えづらかったこともあり、「魅力」は重要視されてきませんでした。

反対に、動画(YouTube)の場合は、発信者の性格や外見などがビジュアル情報で伝わります。だからこそユーザーは「魅力=(性格など)」を重要視するようになってきています。

興味のある方にチャレンジしてみよう

VlogとBlogの違いについて、改めて表にまとめると以下のようになります。

VlogBlog
発信方法映像、音、写真、イラスト、テキストテキスト、写真、イラスト
発信内容体験経験
プラットフォームYouTube(メイン)Google、はてなブログ、アメーバブログ
マーケット全世界に発信しやすい国内向けが多い
使用機材カメラ、PC、スマホ、ジンバルPC、スマホ
情報量
収益化ファンベース広告ベース
相性の良い情報コトモノ

人それぞれ、発信する目的や内容が違うので、自分の発信したいことと照らし合わせて、どちらを発信するのか決めていきましょう。

次のチャプター(Chapter1-3):
【徹底比較】VloggerとYouTuberの違いを解説


TwitterでVlog情報配信中
@vlog_magazineをフォロー
最新情報をチェックしよう!
ad