【保存版】Vlogの始め方を初心者にも分かりやすく解説【図解あり】

動画版のブログ「Vlog」に興味があって始めてみたいけど、何から手をつけていいのか分からないし難しそう・・・という方も多いのではないでしょうか?

動画と聞いただけで難しそうですし、筆者も最初は自分で動画(Vlog)を作れるようになるとは思ってもいませんでした。

しかし、今回の記事で一番お伝えしたいのはVlogは誰でも簡単に作れるし、始められるという事実です。

「Vlogに興味はあるけど、自分にはできない」と思われる方の多くが、

  • 何を準備したら良いか分からない
  • 何を撮ったら良いか分からない
  • どう編集して良いか分からない
  • 分からないことが分からない

という、Vlogの始め方(はじめの一歩)で迷われています。

逆を言えば、このはじめの一歩さえクリアしてしまえば、あとは経験を通して自分に必要な知識を学んでいくことができるので、そこまで問題ではありません。

何事もそうですが、見る・聞くより「経験」することが一番成長につながります。

そこで今回は、そんなVlogのはじめの一歩をVlog専門メディアのVlog Magazineがサポートさせて頂きます。

また、既にVlogを経験している人向けの本格的なVlogの始め方についても解説しているので、Vlog経験者の方もぜひ参考にしてみてください!

TwitterでVlog情報配信中 @vlog_magazineをフォロー

Vlogとは?

Vlogの始め方を見ていく前に、そもそもVlogのことを知らなければ始まらないので、Vlogとは何なのかを解説します。

Vlogを一言でいうと、動画版のブログです。

VLOG=Video(動画)+Blog(ブログ)

※BlogとはWeb+Logの略で、Web上に記録を残していく行為、またはその記録のことを言います。それが動画になったイメージですね。

また、Vlog Magazineでは、Vlogを以下のように定義しています。

Vlogの定義(Vlog Magazine)

生き方や在り方、ライフスタイル、出来事、価値観、意見、自己、 好きなこと、伝統、文化などを「動画」でWeb 上にアップロード・①時系列でで管理し、②第三者が視聴できるようにしたコンテンツ。

他の動画コンテンツとの違いは、「③発信者の”内部要素”を軸に動画を作り、他者の人生により良い影響を与えること」とする。

日記のように日々の出来事を綴るようなものから、自身の意見に物語にのせて発信するものまで、Vlogのスタイルは様々である。

Vlogについてもっと詳しく知りたい方は、全7記事でVlogについて徹底解説している「Vlog(動画ブログ)とは?全7記事で徹底解剖【Vlogまるわかりガイド】」をご覧ください。

Vlogの始め方(2つのコース)

それでは、Vlogの始め方について解説していきます。

Vlogの始め方として、主に2つの方法(ルート)があります。(上図の通り)

  1. スマホでVlogを始めるコース:完全初心者向け
  2. 準備してVlogを始めるコース:経験者向け

今回はそれぞれのVlogの始め方を順番に解説していきます。

スポンサーリンク

スマホでVlogを始めるコース

このコースがおすすめな人
・Vlogをやったことがない
・高い機材は買えない
・まずはスマホで始めてみたい

Vlogは、「やりたい」と思った時にすごに始めることができます。

正確には、”スマホさえあれば”すぐに始めることが可能です。

Vlog発信の基本ステップは、上図の通りで・・・

  1. 行為を「撮影」する
  2. 出来事を「編集」する
  3. Web上に「発信」する

撮影・編集して、発信するところまでがVlogです。(Web+Logなので!)

そこで今回は、撮影・編集・発信の順番にどのようにVlogを作っていくのかを簡単にご紹介していきます。

スマホVlogの詳しい作り方を知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

関連記事:【完全版】スマホでVlog制作!撮影・編集・発信までを徹底解説

スマホでVlogを撮影する

用意するものは、スマホのみです。

スマホにはカメラアプリがたくさんありますので、お好みのカメラアプリを用意します。個人的なおすすめは以下の通り。

  • デフォルトのカメラアプリ:すぐに起動できて撮影のタイミングを逃しません!
  • snow(スノー):おしゃれな加工をして撮影できるので、編集の手間が減らせます!

現代のスマホカメラはとても高性能なので、これでも十分Vlogを撮影することができます。

では、どのように撮影したら良いのでしょうか?

「あの子みたい上手く撮れないよ・・・」と悩まれているかもしれませんが、上手く撮る必要なんてありません。

もちろんプロのような正しい構図や光の捉え方ができるに越したことはありません。しかし、そんなことで悩んで撮影できない方がよっぽど問題です。

芸術家・岡本太郎は言いました。

素人がどんなにしゃっちょこ立ちしたところで、ほんとうにうまい絵など描けっこありません。不自然に玄人ぶって、古くさい職業画家のまねなどしようとして、へんに気負ったり、むりをするから、どうしても色はにごり、線はぎごちなくなって、自他ともにガッカリするほど不潔で、おもしろくない絵ができてしまうのです。

(中略)

今すぐに、鉛筆と紙を手にすればいいのです。なんでもいいから、まず描いてみる、これだけなのです。要するに、芸術の問題は、うまい絵をではなく、またきれいな絵をでもなく、自分の自由にたいして徹底的な自信をもって、表現すること、せんじつめれば、ただこの〝描くか・描かないか〟だけです。あるいはもっと徹底した言い方をすれば、「自信を持つこと、決意すること」だけなのです。

引用:「今日の芸術〜時代を創造するものは誰か〜」 岡本太郎

これは「絵」のことを言っていますが、Vlogにも当てはまるのではないでしょうか?

Vlogのファーストステップは「撮ること」です。これがなければ先へ進むことはできません。

なので、まずはカメラアプリを起動(紙と鉛筆を持つ)し、散歩の様子でもいいので撮ってみましょう。そこから全てが始まります。

とはいえ、いきなり「撮れ!」と言われても、困惑するでしょう。そこで撮るシーンの例をご紹介します。

  • 感情を動かしたモノ・コト・ヒト
  • 伝えたいこと
  • 思い出に残したいこと

例えば、夕日を見て感動したらそれを撮るイメージです。現代人は何か感動するものがあるとスマホで写真や動画を撮る習慣があるので、既にやられている方もいるかもしれません。

それをもう少し意識的にやるだけで、Vlogは撮影できてしまいます!

もし、もっと撮るべきシーンについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

関連記事:Vlogって何を撮影すればいいの?撮影すべき事柄・シーン19選

スマホでVlogを編集する

撮影ができたら、編集です。

動画編集は、スマホの動画編集アプリを活用しましょう。

  • VLLO:無料で高クオリティの動画編集ができる編集アプリ
  • Adobe Premiere Rush:Adobeが提供する撮影編集が両方ができるアプリ
  • iMovie:Appleが提供する無料動画編集アプリ

一番おすすめのVLLOについては、「VLLOの使い方講座」で使い方を詳しく解説していますので、ぜひご覧ください!

では実際にVlogを編集していくわけですが、そもそも動画編集とは何なのでしょうか?

動画編集とは簡単にいえば、「構成」です。撮影した素材を見やすいように構成(編集)する作業なんですね。

具体的には、以下の作業を行います。

  • カット編集:不要な部分をカットし順番を決める工程
  • テロップ入れ:字幕や画像などのテロップを入れる工程
  • オーディオ入れ&調整:BGMや効果音を入れたり、音声の音量やノイズを調整する工程
  • カラーコレクション:光の量やコントラストなどを調整する工程
  • カラーグレーディング:動画の色味を調整する工程

ちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単な話「撮影した素材をカットして並べ、テロップやBGMを入れれば完成」です。

もちろん、テロップやBGMを入れなくてもいいですし、カットをしなくてもいいです。Vlogの編集にルールはありません。

まずは、撮影した素材を並べてみて。カット編集するところから始めてみましょう!

スマホでVlogを発信する

撮影、編集が終わったら、あとは完成した動画をWeb上にアップロードします。

アップロードする媒体に決まりはありませんが、おすすめの媒体はYouTubeです。

YouTubeでは長時間の動画も投稿可能で、時系列で動画を記録していけるので、他のSNSよりもVlogの発信に適しています。

YouTubeの開設方法、動画の投稿方法は以下の記事で解説しているのでご確認ください。

関連記事:【簡単】YouTubeチャンネル開設から動画投稿までの方法を徹底解説

ここまで読んだあなたは、スマホ1つでVlogが作れる土台は整いました!

もし、まだイメージが湧かないなあ・・という方は、人気スマホ動画講師のぴたこさんが「スマホでVlogをつくる方法」を動画で解説してくれているので、こちらの動画をご覧ください!

準備してVlogを始めるコース

このコースがおすすめな人
・Vlogを発信したことがあるけどうまくいっていない
・何を準備したらいいか分からない
・本格的にVlogをやっていきたい

ここからは、しっかりとVlogを準備して始めたい人向けにVlogの始め方を解説していきます。

「しっかりと準備する」という言葉はすごく曖昧な言葉なので、3つにステップに分けました。

  1. Vlogを発信する「目的」を整理
  2. Vlogを発信する「戦略」を練る
  3. Vlogを発信する「戦術」を練る

今回は、この3つのステップを順番に解説していきます。

※既にVlogを作ったことがある人向けのコースなので、まだ一度もVlogを作ったことがない人は、前述した「スマホでVlogを始めるコース」をご覧ください。

Vlogを発信する「目的」を整理

しっかり準備してVlogを始めるメリットは、Vlog発信という行為に対して意味を見出し、目的達成の可能性を高めることができることです。

Vlogを始めるということは、Vlogをやる「目的」があるはずです。例えば、以下のような目的が多いかと思います。

  • 思い出を動画で残したい
  • 副業にしたい
  • 自己表現がしたい

しかし、実際はVlogをやる目的が明確じゃなかったり、目的がブレたりしてしまっている人も中にはいるのではないでしょうか?

「目的」は、Vlog発信のエネルギーです。目的を見失うとエネルギー切れで発信が続きません。継続できない原因のほとんどが、目的を見失うことにあります。

Vlogにおいて「継続が大事」なのは間違いない事実です。Vloggerの大川優介さんも対談時に「Vlogにおいて一番大事なのは継続!」と語っています(対談記事はこちら

継続するにはエネルギーの源「目的」が必要不可欠ですので、まずは目的を考えていきましょう!

一旦、この記事を閉じて構いませんので、紙とペン(またはメモ帳やマインドマップ)を用意してください。用意ができたら、以下の問いについて答えていきます。

Q:Vlogに興味を持った理由・きっかけは?→
Q:Vlogをやる目的は?→
Q:その目的を達成するためにVlog以外の選択肢はあるか?→

もちろん目的が複数あっても構いません。まず自分がVlogをやる目的を書き出してみましょう。

Vlogをやる目的を明確にするために、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:やらなきゃ損!?Vlogを発信する4つのメリット(価値)とは?

また、目的と同時に「自分の中でのVlogの定義」を決めることもおすすめしています。

自分の中で「Vlogの定義」を決めると以下のような良いことがあります。

  • Vlogの発信で迷いが消える
  • 良いVlogの判断がつく

目的を定めるのと同時に、「自分にとってVlogとは?」と問いかけてみましょう!

上の動画で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください!

Vlogを発信する「戦略」を練る

目的を達成するためには、「戦略と戦術」が必要です。

  • 戦略:目的を達成するための方向性を決める
  • 戦術:戦略を行うための具体的な行動計画

目的達成のために「戦略」を練り、具体的な行動計画「戦術」に落とし込み、目的達成を実現していきます。

まずは「戦略」についてみていきます。

戦略で考えるべきポイントは、以下の通りです。

  1. 発信の軸:どんなジャンルやテーマで発信するか
  2. 市場調査:そのジャンルに興味がある人はどのくらいいるか、将来的に伸びそうかなど
  3. コンセプト:どんなコンセプトのVlogか
  4. ターゲット:誰に向けて発信するか
  5. 内容:何を発信するか
  6. 発信スタイル:どのようなスタイルで発信するか
  7. ブランディング:視聴者にどんなイメージを持ってほしいか、他との差別化
  8. ビジネスモデル:どのように収益をあげていくか
  9. 目標:目的達成のための目標はどうすべきか

たくさんありますが、こちらも紙やノート、マインドマップを使って書き出してみてください!

詳しい書き方は、また別の記事で解説します。

Vlogを発信する「戦術」を練る

続いて、「戦術」を考えます。

  1. 必要なモノ:戦略を実現するために必要なモノは何か
  2. 必要なスキル:戦略を実現するために必要なスキルは何か
  3. 必要な時間:戦略を実現するために必要な時間はどのくらい必要か
  4. 投稿頻度:戦略(中でも目標)を実現するために必要な投稿頻度はどのくらいか
  5. YouTubeの開設&設定:チャンネルのアイコンや紹介文はどうするか

関連記事:【初心者】Vlogを始める為に必要な撮影機材&編集ソフトまとめ

完璧な戦略を立てても、それを実現できなかったら意味がありません。

だからこそ戦術を考えるわけですが、この時に着目するべきは現実と理想の差分です。

例えば、「一眼レフカメラで映画のようなかっこいいVlogを発信する」という戦略を立てたとしても、一眼レフカメラを買えなければその戦略は実現しません。

なので、必要な戦術を書き出したら、以下の3つに分類してください。

  1. 今の自分に実行可能
  2. 今の自分では無理だけど将来的には実行可能
  3. 今も将来も実行できない

1番だったらその戦術でOK。2番であれば、さらに細分化してそれを実現するために必要なモノ・コトを書き出しましょう。3番の場合は諦めて別の方法を探します。

この戦術が決まれば、あとはその通りに「実行(行動)」するだけです。

Vlogを作る!いざ「行動」へ

どれだけ準備をしていても、Vlogを作らなければ(実行しなければ)意味がありません。

というわけで、ここからはVlogの作り方をご紹介していきます。

「スマホでVlogを始めるコース」で解説したVlogの作り方は、とりあえず始めるための3ステップ(撮影・編集・発信)でしたが、ここでは更に1ステップ「企画」というフェーズを加えて、4ステップでVlogを作ります。

  1. コンテンツを「企画」する
  2. 行為を「撮影」する
  3. 出来事を「編集」する
  4. Web上に「発信」する

「企画」では、戦略・戦術に沿ってどんなコンテンツを作るのかを考えます。料理でいうところの「レシピ決め」です。

「撮影」では、戦略を練った時に決めたコンテンツを作るために必要な「素材」を集めます。料理でいうところの「買い出し」です。

「編集」では、撮影した素材を構成し、見やすくしたり、より面白くしたりしていきます。料理でいうところの「調理」です。

「発信」では、作った動画をWeb上にアップロードして動画にタイトルをつけたり、サムネイルを設定します。料理でいうところの「おもてなし」です。

この全4ステップを経て、Vlogコンテンツが出来上がります。

詳しいVlogの作り方に関しては、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:【簡単】Vlogの基礎的な作り方を初心者にも分かりやすく解説

Vlog発信の「サイクル」をまわす

一度決めた目的や戦略、戦術は何回でも変えて構いません。

むしろ、発信していたら変わってくるのが当たり前ですので、経験を積みながら適度に戦略や戦術を振り返り、軌道修正をしていきましょう。

スポンサーリンク

さあ、Vlogを始めましょう!

完全初心者向けに「スマホでVlogを始めるコース」、経験者向けに「準備して始めるコース」の2つのVlogの始め方をご紹介しました。

この記事をしっかりと読み込めば、Vlogのはじめの一歩は踏み出せるかと思います。

もしも「参考になった!」という方は、お友達やSNSのフォロワーさんにご紹介して頂けたら嬉しいです!

また、当ブログVlog Magazineでは、Vlog発信のはじめの一歩を踏み出した方に向けたコンテンツもたくさん発信しているので、そちらも参考にしてくださいね!

最後に、今回の記事で一番大事なことを復習して終わりにしましょう。

Vlogは、上手く撮る必要はありません。まずはカメラアプリを起動(紙と鉛筆を持つ)し、散歩の様子でもいいので撮ってみる。そこから全てが始まります。

おすすめ記事:【重要】Vlogの発信軸を決める方法【生き方から考える】


TwitterでVlog情報配信中
@vlog_magazineをフォロー
最新情報をチェックしよう!
ad