「VLOGMAS」とは?12月のVlog文化を徹底解説

\あなたのVLOGMASが掲載されるチャンス/

↑画像をクリックして参加↑

12月になると、アメリカやヨーロッパなどのキリスト教文化のある国を中心に話題になる、「VLOGMAS」と呼ばれるコンテンツがあるのをご存知でしょうか?

11〜12月になると盛り上がりを見せます

日本ではあまり馴染みがないですが、海外では何年も前からある言葉です。

そこで今回は、VLOGMASとはどういう意味なのか、分かりやすく解説していきます!

#Vlogのテンプレシリーズ
「Daily Vlog」とは?2つの意味と発信のポイント
週末の様子をシェアする「Weekend Vlog」のススメ
「Weekly Vlog」とは?作り方やポイントを徹底解説
「Monthly Vlog」とは?特徴や作り方のポイントを解説
「VLOGMAS」とは?12月のVlog文化を徹底解説

TwitterでVlog情報配信中 @vlog_magazineをフォロー

VLOGMASの意味:VLOGとクリスマスの造語

動画でも更に詳しく解説しています!

VLOGMASとは、簡単に言えば「Vlog」と「Christmas(クリスマス)」の造語です。

VLOGMAS=Vlog+Christmas

キリスト教文化のある国を中心に、12月1日(11月下旬)から25日までの過ごし方をVlogでおさめたものが、VLOGMAS(ヴログマス)と呼ばれます。

アメリカでは11月の感謝祭終了と同時に、クリスマスに向けてブラックフライデーと呼ばれる大規模なセールが開催されたり、ツリーの飾り付けをしたりと、国全体がお祭り状態になります。

そんな特別な期間に撮るVlogのことをVLOGMASと呼び、中には、クリスマス当日までの日常を「DAY1,DAY2・・・」と、毎日投稿する人も多く存在します。

アメリカ発祥?VLOGMASの歴史

「VLOGMAS」という言葉は、Ingrid Nilsen(イングリッド・ニルセン)という方が2011年にYouTubeで使ったことが始まりと言われています。

ただ、この言葉自体は、視聴者からの提案らしく、誰が最初に考えたかは謎のままです。

また、上記の動画の前年2010年にetcnadineという方が、VlogMasという言葉を使ってYouTube上に動画を投稿しているので、正確には彼女が一番最初にVLOGMASという言葉を使ったことになります。

しかし、彼女の動画はDAY15で終了しており、その後の投稿はありません。

ですので、どちらが先駆者かと言われると、Ingrid Nilsenだと筆者は考えます。(まあ、正直どちらでも良いです)

VLOGMASは、チャンネル登録者数を増やすチャンス?

VLOGMASは、多くの場合12月1日〜25日までの25日間の生活の様子を毎日投稿します。

25日間で25本の動画を作るというのは、ある意味YouTube投稿者にとっては、ビッグプロジェクトと言っても過言ではありません

それに、その期間は世界各国のYouTuberがVLOGMASを投稿するため、関連動画としても表示されやすくなります。

要するに、YouTubeのチャンネル登録者数を増やしたい人にとっては、大チャンスなんですね!

  • 関連動画に引っかかる
  • クリスマスという特別なイベントでコンテンツ力アップ
  • ゴールに向かって毎日投稿で視聴者を楽しませる

もちろん、チャンネル登録者数が増えるかどうかは、発信者次第ですが、12月のトレンド(流行)に乗るのは、間違いなく効果的です。

VLOGMASの作り方

VLOGMASを25日間毎日投稿する場合、以下のようにコンテンツを作っていくことを推奨します。

  1. 何を伝えるかを考える:11月
  2. 撮影・編集スケジュールを練る(できれば投稿スケジュールも決める):11月
  3. オープニングムービーを作れれば作る:11月
  4. 伝えたいことをVLOGとして撮影する:12月
  5. 編集&投稿:12月

順に解説していきましょう!

①何を伝えるかを考える:11月

まずは、自分がVLOGMASを通じて何を伝えたいのかを明確にします。

  • クリスマスまでの過ごし方
  • 恒例行事
  • 友人・恋人との過ごし方
  • 日本のクリスマス文化

人によってクリスマスまでの過ごし方や伝えたいことは違うので、あなただけのVLOGMASをイメージしましょう。

②撮影・編集スケジュールを練る(できれば投稿スケジュールも決める):11月

伝えたいことが決まったら、あとはそれをいつ撮影・編集・投稿するのかを決めましょう。

できれば、投稿するタイミングは統一するなどして、視聴者にとって見てもらいやすい工夫ができれば最高です。

③オープニングムービーを作れれば作る:11月

VLOGMASの特徴として、オリジナルオープニングムービーが挙げられます。

いつもとは違うクリスマスチックなオープニングは、雰囲気が出てワクワクしますね!

④伝えたいことをVLOGとして撮影する:12月

計画が練れたら、あとはその計画通りに撮影していきます。

もちろん、全てが計画通りにいくわけでもないので、イレギュラーなこともしっかり切り取っていきましょう!

もしも友人などを撮影する際は、事前に許可を取っておくとスムーズに撮影することができるので、協力を申し出ましょう。

⑤編集&投稿:12月

撮影が終わったら、編集し投稿します。

忙しいとは思いますが、ここからがVloggerの腕の見せ所です!視聴者に楽しんでもらえるような動画を作りましょう。

「編集する時間がない・・・」という方は、以下の記事も参考にしてみてください!

関連記事:Vlogの編集時間を劇的に短縮させる為の9つのコツ

VLOGMASの実例をご紹介

ここからはVLOGMASの実例をご紹介していきます。

先駆者「Ingrid Nilsen」

先ほどもご紹介した、VLOGMASの先駆者Ingrid NilsenさんのVLOGMASです。

上の動画は、2018年に投稿されたもので、WEEK1、WEEK2、、、というように、週ごとに動画を分けて投稿しています。

ちなみに、2019年最新版のVLOGMASも投稿されているので、ぜひ見てみましょう!

日本でVLOGMAS!?「Sharmander」

日本のインバウンド系Vloggerとして人気なSharmanderさんも、日本のクリスマスの様子をVLOGMASとして発信しています。

海外のVLOGMASとは少し違った、日本ならではのVLOGMASが見れますよ!

ちなみに、2019年の最新VLOGMASも公開中です!!!

\VLOGMAS事例集公開中/

VLOGMAS事例集:https://vlog-magazine.jp/vlogmas-japan/

#Vlogのテンプレシリーズ
「Daily Vlog」とは?2つの意味と発信のポイント
週末の様子をシェアする「Weekend Vlog」のススメ
「Weekly Vlog」とは?作り方やポイントを徹底解説
「Monthly Vlog」とは?特徴や作り方のポイントを解説
「VLOGMAS」とは?12月のVlog文化を徹底解説


TwitterでVlog情報配信中
@vlog_magazineをフォロー
最新情報をチェックしよう!
ad