「Weekly Vlog」とは?作り方やポイントを徹底解説

Vlogのテンプレートコンテンツをご紹介するシリーズ「#Vlogのテンプレ」。

今回は、1週間の出来ごとをまとめて発信する「Weekly Vlog」についてご紹介していきます。

#Vlogのテンプレ
「Daily Vlog」とは?2つの意味と発信のポイント
週末の様子をシェアする「Weekend Vlog」のススメ

ad

Weekly Vlogとは?

Weekly Vlogとは、1週間の出来ごとをまとめて発信するVlogのテンプレートコンテンツです。

ライフスタイル全般を発信している人がやっている人が多い印象ですが、何かのジャンルに特化している人の1週間とかも面白そうですね。

また、1週間をまとめて発信するため、動画の尺が長いのが特徴20~30分くらいの動画が多いです(YouTube上の他のVlogコンテンツと比べて)

Weekly Vlogの作り方

Weekly Vlogの作る方は、他のVlogと変わりません。基本は、撮影・編集・発信という流れで進めていきます。

関連記事:【簡単】Vlogの基礎的な作り方を初心者にも分かりやすく解説

Weekly Vlogの撮影

1週間の様子を撮影していくといっても、24時間×7=x168時間の中のどの部分を撮影すべきか悩みますよね。

全世界のWeekly Vlogを見てきましたが、撮影は基本的には2パターンに別れます。

  1. ルーティン
  2. 部分切り取り

ルーティンは、1日1日の様子を細かく切り取り、それを1週間分繋げる。いわゆるルーティン動画と近しいイメージです。

部分切り取りは、1日の中でも重要な一部分を切り取り、それを1週間分繋げる。通常のVlogの1週間繋げたバージョンのようなイメージです。

Weekly Vlogの編集

Weekly Vlogは、1週間分の素材をまとめて編集するため、データ管理が煩雑になります。そのため、編集のやり方は工夫する必要があるかもしれません。

編集のパターンとしても、2つあるかなと思っています。

  1. 1日の最後にその日の分は編集
  2. 1週間分まとめて編集

これは完全に好み(相性)なので、自分に合った方法を見つけていきましょう。

スポンサーリンク

Weekly Vlogをより良くするポイント

視聴者との共通点を明確にしよう

Weekly Vlogを作るに当たって、以下のポイントにフォーカスすると、視聴者の興味をさらに引くことができるでしょう。

  • 属性
  • 場所
  • 物事

有名人でもない限り、その人の1週間の過ごし方に興味は沸きません。

できる限り、視聴者との「共通点」を作ってあげることが、Weekly Vlogを作る際のポイントです。

属性にフォーカス

大学生、フリーランス、会社員、アラサーOL、エンジニア、などなど。属性にフォーカスして1週間の様子を発信してみましょう。

同じ属性の人やその属性に興味のある方から見てもらえて可能性が上がります。

場所にフォーカス

日本、京都、北海道、海外、アメリカ、サンフランシスコ、などなど。場所にフォーカスして1週間の様子を発信してみましょう。

その場所に興味のある方へアプローチすることが出来ます。

物事にフォーカス

コーデ、筋トレ、食事、学校生活、モーニングルーティン、などなど。物事にフォーカスして、撮影するポイントを絞るのもオススメ。

例えば、1週間のワークアウトルーティンとかを発信すれば、筋トレに興味のある方の目を引くことができるでしょう。

#Vlogのテンプレ
「Daily Vlog」とは?2つの意味と発信のポイント
週末の様子をシェアする「Weekend Vlog」のススメ

無料でVlog相談!

最新情報をチェックしよう!
ad
>Vlog Magazine

Vlog Magazine

Vlogger応援メディア「Vlog Magazine」。『Vloggerが活躍できるセカイを創る』というビジョン・ミッションのもと、Vloggerを応援していくプロジェクトです!ブログ、YouTube、Twitter、Instagram、イベントなど、マルチに活動中!